絶対に諦めず、
前に進む道を選んできて
今がある
リーシング事業部 PMチーム 贄 洋明

インタビュー画像

一緒に未来を作っていこう、
その姿勢に惹かれ、決め手になった

前職は、自営業で内装工事をしていました。20年くらい長く自分で仕事をしてたんですけど、バブルが崩壊してからなかなか安定しなくなって、このまま自分でやっていっていいのかと考えだしました。本当に普通に就職活動をしてたんですけど、やっぱり長くしていたこの職人の技術を活かしていきたいなと思っていたので、内装の仕事を募集していたフィリックスを受けたんです。面接は社長にして頂いたんですが、当時から社長は社長で本当にブレない人っていう感じでした。面接で話していて、この人は今のこの時を、足元を見ている人ではないなという印象で。遠く未来を見据えて自分の未来を見据えたうえで、一緒に未来を作っていこうっていうところに共感して惹かれました。目先にとらわれるような人ではなく、信じられると思ったのが決め手でしたね。

インタビュー画像

職人からオペレーターへ
どんな時も前に進む道を選んできて本当に良かった

入社後は豊橋店に配属して頂いて、何年かは職人として内装関係の仕事をしていたんですが、会社も成長するにつれて仕事の内容も変わっていきました。今のオペレーターの業務をすることになった時、ずっと職人だったのでなかなかうまくいかなくて。そんな時期が長く続いて、社長から厳しい話をされることもありました。ずっと豊橋店で二人で一緒に頑張ってきた人が急に辞めることになって一人でやっていくことになったり、思い返すと大変なことがたくさんありましたね。でもそのたびに社長と部長が向き合ってくれました。部長に一度「これから豊橋店どうなるんですか?」って聞いたことがあったんですけど、いろいろ考えられた後に「贄さん次第だよ」って言われたんです。その時に、そんな質問をしてすごく恥ずかしくなって、そうだ自分しかいないのに、自分でどうにかするしかないじゃないかって思ってから、ギアが入ったように思います。今はあの頃の比じゃない数字がとれるようになって、どんな時もあきらめずに前に進む道を選んできて今があるので、本当に良かったなと思います。

インタビュー画像
インタビュー画像

一緒に働くメンバーが同じ思いで、
目標を達成する為の大事な一人ひとりであってほしい

僕は豊橋店でオペレーターをしているので、本社にいる皆さんほど社長や部長と接する機会が少ないんですよ。下手したら、月に会議の1回だけです。だけど、社長や部長と接するその何回かの機会がものすごい密度が濃いんですよ。それが本当に自分が成長するためのきっかけを与えてくれるというか、可能性をとにかく信じてくれます。だから、もしかしたらどこもそうなのかもしれないけど、うちの会社は絶対あきらめないんですよ。例えば、どんなに悪いレッテルを張られたり、烙印を押されてダメダメでも、自分から辞めるっていう選択を選ばない限り、会社は必ずその奥にある可能性を信じて向き合い続けてくれるんですよね。そりゃやっぱりいろんな試練がきます。成績が悪ければ、違うところに回される事もあるかもしれですけど、絶対首を切ることはしないんです。会社から匙を投げることはなくて、その選択を選ばない限り、社長は君の未来はもっともっと明るいものがあるんだよって。ここでつまずいてちゃだめだ、もうちょっと我慢してやっていけば必ず一緒のところに到達できるから。っていう思いが強い人なので。その思いについていける、共感できる今のメンバーや新しく入社される人たちが、目標の100億を達成する為の大事な一人ひとりであってほしいなって、僕も含めてですけど切に思います。

OUR JOB 私たちの仕事

投資用新築アパートの企画から、賃貸管理、分譲住宅、
建設・不動産業者向け経営プラットフォームまで幅広い事業を手掛けるフィリックスグループ。
各事業会社において様々な職種があり、その事業の運営・推進を行います。

各職種の役割と、プロジェクトストーリーをご紹介します。

VIEW MORE

JOB OFFER 採用情報

募集要項や採用に関するQ&Aは
こちらをご覧ください。

VIEW MORE